スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/31「インセプション」

  • 2010/08/01(日) 11:00:03

姫と「インセプション」を観てきました。

ディカプリオや渡辺謙が登場するSF(?)アクション(?)です。
(?)と付けたのは、
作品は、
主人公コブ(ディカプリオが演じます)は、人の夢(潜在意識)に入り込むことでアイディアを“盗み取る”特殊な企業スパイというSFストーリーですが、サブストーリーに夫婦の愛や親子の愛が描かれているので「SF」と言い切ることが出来ないからです。
又、そのサブストーリーはメチャメチャ心情に訴える実に昭和風な味付けがしてあります。

eiga


「インセプション」とは『他人の潜在意識に入り込み、ある考えを“植えつける”』ことだそうで、
「夢の中の夢の中の夢の中の夢」まで入り込み、渡辺謙演じるサイトーから依頼されたミッションを実行すると言うストーリーですが、この映画は内容を文字にして説明するのが難しい!とてもとても難しい!
この手のお話好きな私としては、是非見て欲しいわ~。

「夢の中の夢の中の夢の中の夢」を視覚的に訴える映像がよくできているし、夢から醒めさせるための誘導に使われるエディット・ピアフの曲「水に流して(私は後悔しない)」は映画の中で渡辺謙演じるサイトーの言葉…『老いて心に後悔を抱え、孤独の中ただ死を待つのみ、それでいいのか?』ともリンクして心に染みます。
そして、この言葉はサブストーリーの夫婦の愛や家族の愛とも関わる言葉のように感じました。

フロイトは「夢は現実の投影であり、現実は夢の投影である」と言いましたが、
寝ているときに脚がほんの数センチ動いたのが、夢の中で階段から落ちているなんて経験をしたことがあるので、作品の中で現実に起こった事象が夢の中でどう影響するのかと興味深く見ました。

ランチのインドネシア料理を食べている間も、姫と最後の最後の場面の話で盛り上がり、お互いの解釈の違いを話し合いました。
見た後もあれこれ話て何度も楽しめる作品でした。

今週は、遅まきながら京都旅行のアップと池袋通いで終わったしまうところ、久しぶりの映画で心に華が添えられました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

seabreezeさん

見てくださってありがとう♪

パンツより涼しいので、この夏はスカートでいることが多いのよ~(^^)
サンダルシューズは素足で!とは服飾評論家(?)ピーコさんのお言葉なので
「素足でスカート」気に入っています(^^)

*旅は道連れですからね~「お邪魔虫」大歓迎ですよ~(^^)

  • 投稿者: だいあん
  • 2010/08/03(火) 09:10:06
  • [編集]

夏の京都

拝見しました~~♪
京都の夏は暑いという印象ですが、今年のこの暑さでは何処でも同じかもしれませんね。

苔の美しさに 涼しい風を感じられます。
スカート姿のだいあんさんもステキだわ~~。
充実した旅を楽しんでこられた様子が良く判り、私もご一緒した気分。
ア、ご夫婦水入らずにご一緒したら お邪魔虫ね。  ・.-)☆

  • 投稿者: seabreeze
  • 2010/08/03(火) 08:39:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。