FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/10昨日は人形町散策

  • 2010/10/10(日) 22:48:43

人形町


9日土曜日

空は雨雲が垂れ込めているけれど前々からの計画通り友人Tさんと「深川江戸資料館」を見学してから人形町へと向かいました。
「深川江戸資料館」は、江戸時代末の深川佐賀町の町並みが再現されていて、生活資料や草花、照明・音響の技術で季節や一日が演出されています。
朝なら鶏が鳴き浅蜊売りの声、昼には町々の雑踏や各種物売りの声、夕方になればカラスが鳴きお寺の鐘の音
見聞きするだけでなく、長屋や、船宿、米屋、八百屋など各家々に上がりこみ江戸情緒に浸ることが出来るんですよ。

久しぶりの人形町は人の波!
人形町が舞台の阿部寛さん主演のTVドラマ「新参者」以来大人気なのだそうです。

友人は「玉ひで」の親子丼が食べたいと言ったけれど順番待ちの長蛇の列に負け、私が食べたがったフランス家庭料理の勝ち♪
実は私、どうしても食べろと言われれば食べないことも無いのですが丼物は苦手なんです。
上に乗った具のせいで、ご飯に汁がしみこんで色がつくのと汁を吸い込んでべチャッとしたご飯がどうも…
「玉ひで」の人気ぶりに感謝です。

「玉ひで」の道路向かい側にある(正しくは、シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクールらしいけれど)「シェ・アンドレ」と書かれた洒落たカフェでポトフランチを頂いたのよ~今にも降りそうな肌寒い日だったので暖かいポトフはありがたく美味しかった♪
こちらマダムがフランス人のふくよかな方で、日本語が達者で気さくで明るいの♪

店内もフランスにあるカフェみたい(行ったこと無いけれどね)
食事を終えた頃には雨も本降りになっていました。

お土産に甘酒横丁「鳥忠」の玉子焼きと、板倉屋の餡なしの人形焼(餡無しは戦時焼きと言います~小豆が手に入らなかった戦争中に考え作られた人形焼なんですって)を買いました。

あとね、前々から欲しかった「岩井つづら店」で小ぶりの『つづら』を注文しました。
つづらには使い勝手よいように落としもついてます。
色は溜色、家紋も入れて・・・・帯揚げや帯締めを入れるのにピッタリ!!今年中に出来上がるといいな~。

*写真は・・・深川江戸資料館、玉子焼き、岩井つづら店、板倉屋、シェ・アンドレです。

10日日曜日

家の北側で避暑をしていたクリスマスローズの鉢を太陽の当たる表南側に移動しました。
家の裏手に有るとつい水遣りを忘れがちになってしまいます。
例年は忘れがちの乾燥気味にしたほうがクリスマスローズには向いた環境だったのですが、今年の暑さは別物で、いつもなら青々した葉が皆枯れてしまうほどの乾燥ぶり!
5鉢からは新葉が出てきましたが2鉢は未だ緑色の姿が見えません。
動きの無い一鉢は原種の有茎種でとても大切にしていたものなので生きているのかどうか心配!!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

seabreezeさん

瀕死のクリスマスローズですが、一鉢からは葉がでてきました。
大事なほうの鉢は、まだ動きがありません。

ユリと言えば、年末に買った百合根から芽がでてオレンジ色の花が咲いたことが有りました。

つづらの出来上がるのが待ち遠しいわ~舌切り雀のおばあさんにならぬように
小さなつづらにしたから恐ろしい物はでませんよ(^^)

  • 投稿者: だいあん
  • 2010/10/14(木) 21:30:08
  • [編集]

つづら

ステキね。
おばあさんが開けると宝がザクザク、だいあんさんが開けると帯締め、帯揚げのお宝が・・・・・。
この着物にこの帯揚げ、、、なんて想像するだけでも楽しいでしょうね。

私も去年頂いたクリスマスローズの鉢が この夏は惨めになったのよ。
そのうちに葉が出てきたと思ったら ユリが咲いたりして。。。
でも、今は大分葉も出てきて 無事だったみたい。
カラーは跡形もなくなったわ。

  • 投稿者: seabreeze
  • 2010/10/12(火) 17:15:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。